紅包麗

会社名
南京紅包麗国際貿易有限会社
成立時間
2006
業類
メーカー & 商業
主要業務
モノイソプロパノールアミン
その他経営製品
ジイソプロパノールアミン, トリイソプロパノールアミン, 生産, 輸出, 輸入
ブランド
紅包麗
住所
南京化学工業園区方水東路55号

会社概要

紅宝麗グループは、専門的に新型材料及び化学工業中間体研究、開発、生産及び販売に従事するハイテック企業である。そのビジネスは、三大分野に分けられ、即ち、ポリエーテル・ポリオールシリーズ、イソプロパノールアミンシリーズ及び新材料シリーズである。30年位の発展を通して、紅宝麗は、現在世界最大なポリウレタン硬質発泡プラスチックの組み合わせポリエーテルのサプライヤー及び世界最大なイソプロパノールアミン製作基地になった。紅宝麗は、国内外市場で完璧なマーケッティング・ネットワーク及び倉庫保管施設を確立し、それに完全な品質評価システムを作り上げた。当社は、熟練した国際貿易操作経験、一流のサービス及び合理的な価格で国内外顧客から好評を受け、世界の多くの多国籍企業及び貿易業者と協力し、貿易パートナーは、米国、ヨーロッパ、日本と韓国等の50カ国と区域に行き渡っている。イソプロパノールアミンは、モノイソプロパノールアミン(1-アミノ-2-プロパノール、MIPAと略称する)、ジイソプロパノールアミン(1,1’ イミノ-2-ジプロパノール、DIPAと略称する)とトリイソプロパノールアミン(1,1’ ,1”-ニトリロ-2-トリプロパノール、TIPAと略称する)という三種の同族体を含み、プロパノールアミン類物質に属し、アミノ基とアルコールの性質を有するミノアルコール系化合物である。その分子は、アミノ基と水酸基を同時に有するので、アミンとアルコールの総合性能を有し、これで、産業用途が広く、重要な基礎性化学原料である。イソプロパノールアミンは、エタノールアミン製品と比べて、イソプロパノールアミンの毒性と腐食性が小さく、安全的且つ副作用がなく、それに環境保護性を有する等の特徴によって、すでに医薬中間体と界面活性剤等の製品に使用され、現在我々はイソプロパノールアミンを使ってエタノールアミンを代替する。「紅宝麗」ブランドのイソプロパノールアミンシリーズ製品は、合成界面活性剤、医薬品中間体と金属加工切削液、石油・天然ガス等のガス浄化処理・工業と民用洗浄剤、セメント粉砕助剤、塗料、化粧品、紡績捺染、合成樹脂とウレタン助剤等の分野に広く応用されていて、一種のハイエンドの基礎性化学工業原料であり、広い市場前景を有している。ペンキは、単一グループのイソプロパノールアミンの開発であり、わが国の新材料、医薬と電子等のハイテック技術産業の発展及び競争能力の向上に重大な推進役割を果たす。��アミンを代替する。